四代目・印鑑・はんこ彫り職人


by art-hans
カレンダー

<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

きたはま通りの皐月開花

  わが商店街の皐月が所狭しと咲き誇っている。まけずに色々な総会の案内がキテ春の始まりを告げるかのようだ。
by art-hans | 2009-04-30 10:34

印章組合の理事会

 今日は午後から広島で我が印章業界中国地方大会のため、打ち合わせがある。天気予報によれば、午後から雨もあがるそうでホットしている。
 面白い企画商品がきたので紹介いたします。 『鬼に金棒』という印鑑を入れるケースです。・・・長らく続く日本の不況を吹き飛ばすいみを込めて作成しました。このケースを購入した人達が、強さの象徴である鬼のケースを持つことにより、何事にも負けず幸運をもたらすものとしています。    と説明している。話の種におひとついかがですか。
a0072623_1012545.jpg

 
    印鑑ケースを開いた写真です。  ¥1980円
by art-hans | 2009-04-25 09:59

今夜のコンサート

夜八時からピアノコンサートがバーロフトであります。我が家から五分くらいの距離でし。30人位しか入れない店ですがかとうみゆきさんというメジャーなクラシックピアニストで楽しみにしています
by art-hans | 2009-04-23 17:25

平々凡々印譜

 昨日は午後から筆をとり瓦當文字に挑戦。夕方まで書き込んでやっと何とかめどがつく。いつも仕事では小筆を使うので大筆は手になじまない。半紙に30枚ほど書いた。  
 先日注文していた『平々凡々印譜』という書籍が届いたので早速開いてみる。日本と中国の篆刻家が彫刻した平々凡々と言う文字を彫った印譜です。江戸時代から昭和にかけての印人46人の彫った印影を載せて印譜にしたものです。6~7の印影は時々目にするが46顆の印影を一冊の本で観るのは珍しい。
a0072623_1258186.jpg

by art-hans | 2009-04-23 12:57

黄色いバス

 循環バスが回っている。20分おきに当店の前に停留所がある。乗客が少ないから気の毒。有効に利用する手立てはないものかな。
by art-hans | 2009-04-21 18:16
 久しぶりにのんびりした日曜日は、4月18日に録画していたBSで録画していた番組を二時間かけてみた。知らないことも多い。シャチハタの提供番組だった。最古の印章はメソポタミアのシュメール人が使っていた円筒印章だと伝えられている。柔らかい粘土の上に転がして押していた。署名の代わりに大事な壷や甕の上を粘土で封をし、乾かないうちに転がして封栓をしていたらしい。紀元前3000年頃のことである。それからインド・中国を経て日本に伝わったらしい。
by art-hans | 2009-04-20 09:38
 総会に行ってきた。取り組む事業がまことに多い。監査をしているので先日監査に行ってきたけど会長さんや会計の人も大変だ。事務局長もしかりだ。役員の皆さんもボランティアでよく活動していらっしゃる。感謝。  早く終わったので落款印彫りに取り掛かってみようかな。
by art-hans | 2009-04-18 20:35
年度替りが過ぎ一段落したので、午後から作品創りに精出そう。今年度のテーマは『瓦當文』だから刻字と篆刻を出品しようと思う。刻字とは『筆に変えてノミを使って紙の代わりに、板・竹等に文字を彫ります。書には出来ない陰影を表現することが可能です。彫り方には陽刻(凸)と陰刻(凹)があります。今回は瓦當文を彫るから陽刻で彫ろうと思っている。30×90cmの大きさの桂の板に陽文で彫り金箔で仕上げようと思っております。』さー師匠に書いてもらっている書稿に挑戦しよう。
by art-hans | 2009-04-17 13:46
 今夜は、5月17日に一泊旅行をする打ち合わせ。一回旅行するのに何回打ち合わせをするのかと、家内は笑う。まだたったの3回目なのに。43人だった同級生も34人になった。今日のところ出席者16人から返事が届いている。同窓会出席のために山登りをして体力つくりをしているやつもいる。学生時代と変わっていない。当時から努力家で勉強も良くできていた。もう一人は宴会のためにカラオケの練習をしているから待ち遠しいと書いている。どんな同窓会になるのかな。欠席のは殆ど体調をくずしているようだ。古希を前にこの同窓会本当は僕が一番待ち望んでいるのかもしれない。工業高校だから男性のみ!!
by art-hans | 2009-04-16 13:39

転勤の季節

 知人から転勤のはがきが来る。県内だけど大崎上島。 『美しい海と緑の町、造船とミカンの町、潮の香りと木々の緑、大崎上島町』と早くも町自慢。当店のある元町『きたはま通り』は雨上がりの街路樹がきれいで閑静な通りとでも、云いましょうか?街路樹のさつきが今にも花開せんばかりに待ち構えている。
by art-hans | 2009-04-15 17:37