四代目・印鑑・はんこ彫り職人


by art-hans

<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中国印章業連盟広島大会

 午後から広島で理事会がある。7月4・5日に大会があるための打ち合わせ。2年に一度中国五県で持ち回りの印章組合の大会。この一年間毎月広島へよく通ったものだ。幟町にある貸し会議場まで徒歩、良い運動になったな。広島駅から西に約10分くらいのところ。毎月大変だねって福山印章業組合員に言われるけど今までは年に一回の顔合わせだったのが、毎月顔をあわすと、つい、はんこ彫りの技術、また篆刻の話に進展して自身の勉強にもなり気心が良く分かり合えたのが、何よりの収穫。同じ目的に向かって共同作業をする楽しみをまたこの歳で見つけた。昼までにはんこ彫りの仕事を片付けて!!
by art-hans | 2009-05-30 10:28 | 会議

カープ強い

今シーズン初の4連勝。最近粘り強くなった。新人の岩本初打席初安打。カープの中軸打者になれる素質がある。今日は試合なし。一休み。
by art-hans | 2009-05-29 15:55 | フレーフレー、カープ

名前の玉手箱ヨリ

 その昔初めて仕えた課長が、時折逆さまに押印するのに気がついた。一度「印鑑が逆ですよ」と話すと「これでいいのだ」と言って笑い、「私は上司の意見や判断が間違っていると思う時は逆さまに押すことにしている」と説明してくれた。いつしかその課長には「逆さ印の○○とあだ名が付いた。その課長は社長まで上り詰め、今で和部下の持ってくる書類に相変わらず逆さの押印をしているそうである。
by art-hans | 2009-05-29 15:49 | 名前の玉手箱

雅号印の印稿(原稿)

 最近のお客様は難しい仕事が多い。雅号印(色紙や書に押印する)の注文際、印稿(出来上がり)を見せて欲しい、といわれる方がおおい。はがき大の紙に黒く墨で塗りその上に朱墨で文字を書く作業。これが時間が掛かる。専門の篆刻辞典を何冊も手元に置き誤字がないかと調べながら小筆で書き上げるので、下に載せている印稿一つ一時間以上掛かる。こんな仕事は専門店でないとできない。腕の見せ所。
a0072623_15233684.jpg


この印稿は「松風」しょうふうと言われる水墨画の先生の注文である。
by art-hans | 2009-05-27 15:27 | 篆刻
 今総会が終わった。皆さん積極的な発言でこの会は前途洋洋!若い人はホームページについての知識が豊 。僕のような戦前派には判らないことだらけ。足を引っ張らないように頑張らなくちゃ。皆さんよろしくね。  勉強するぞ!!


ハンコ 髙野耕石堂      はんこ 有限会社タカノ
by art-hans | 2009-05-25 20:56 | 会議
今日BSで 君はオーティスを聴いたか、という曲を作って捧げる。という番組を見た。5月2日になくなった忌野清志郎の取材番組だった。2005年秋にアメリカを旅し心のヒーロー オーティス・レディングに捧げる歌を作るまでを記録されたものだ。以前広島の クアトロで 清志郎のライヴを見に行った時と同じグリーンのスーツで何度もステージに立っていた。清志郎衣装もオーティスに感化されていたんだなー。1940年生まれ26歳で飛行機事故で亡くなっていた。二人ともグレイト!!オーティス&清志郎に黙祷。
by art-hans | 2009-05-24 20:16 | ライヴ

のんびりと過ごす日曜日

 久しぶりに予定のない日曜日。昨日は我が業界の広島県印章業組合総会があった。組合員が少し減っていた。後継者問題でいたし方のないご時世だ。総会が終わって二次会!二次会には広島の組合員7人と僕で啓8人で楽しかった。仕事の話。技術の話、と積もる話であっという間に時間が過ぎ九時半には我が家に着いた。広島の同業の仲間たちがいつもながらよく面倒をみてくれて感謝でいっぱい。いつもだったら一泊して広島美術館や現代美術館をめぐるのだけど、良い企画展がなっかたのと風邪気味だったあのではやく退散した。・・・おかげでのんびりと日曜日が過ごせた。
by art-hans | 2009-05-24 16:25 | 会議

遠くより友来る

 陶芸家の岡本君より電話が掛かる。福山へ帰りました!と、いつも元気が良い。声が大きい。少しの間福山も元気つけられると思う。店舗を建てる時「印鑑を」のモニュメントを作ってもらって30年年月がたつのは早いものだ。今日は午後から印章組合の総会が広島である。同業の皆に会えるのは1年に一度、飲んで楽しい時間をすごしてくる!ぞ。
by art-hans | 2009-05-23 11:31

美術館とまわローズ

 明日広島である印章業組合総会のための新幹線の切符を買いに行き美術館に足を運んだ。誠之館卒業生の作品展をしていた。皆さんプロ並みの作品。平日で人が少なかった分ゆっくり鑑賞出来た。帰りに中心部循環路線バスまわローズに乗って一周して我が家に帰った。感じの良い運転手さんで行く先をよく確認してくださった。冷房がよく効いて快適だ。気分転換するのにもよい場所だと思う。乗客3人と少なかったけど、広報などで宣伝すると、便利なバスだとおもう。
by art-hans | 2009-05-22 14:32 | 美術館

ブルースの王様木村充揮

 昨夜のライヴ良かった。ブルース・ロック・バラード風と楽しかったな。「胸が痛いも聞かせてくれたなー!「お掃除おばちゃん」なんか最高だった。そのミユージシャン木村君が久しぶりに我が家に顔を見せてくれた。30分ほど世間話をして会場に向かったのだけど、目的を持って生きるということは素晴らしいことだ。やっぱ、オーラを感じるな!
by art-hans | 2009-05-21 17:13 | ライヴ