四代目・印鑑・はんこ彫り職人


by art-hans

<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

前から気になっていました。祖父が買ってくれたという印の横に古い文字が刻ま

れていることを・・・。

はんこ屋さんに持参し、解読を依頼。「篆書で寿安と刻まれています。安らかに

長寿であれとのおじいさんからのメッセージですね」とその主人は話します。私の

幼少の頃亡くなった祖父。私ヘの熱い想いが、この印を通して伝わってくるかの

ようです。 おじいさん、素晴らしいプレゼントをありがとう。001.gif
by art-hans | 2009-07-30 17:33 | 名前の玉手箱

昔話に浸る

 昨夜は生まれた時からの幼馴染と一緒に飲む。彼は僕の家の隣で年は

一つ若い。子供の時から秀才で、話をしていていつも、感じる。ジャズが好きで

ライヴハウスに昨夜も出かけた。音楽を聴きながら『アラコキ』になった。

とお互いに笑う。アラフォーならぬアラ古稀の造語。光陰矢のごとし。

実にに年月が経つのは早いものである。018.gif018.gif018.gif
by art-hans | 2009-07-29 21:45 | 友人

篆刻美術館

 8月8日に行く為の新幹線のチケットを買いに行く。茨城県古河市にある

篆刻美術館は全国でも一つしかない有名な美術館です。福山市にある書道

美術館も有名です。僕はよく見に行きますが何時行っても人が少ない。時間が

あれば是非足を運んでみてください001.gif
by art-hans | 2009-07-28 18:23 | 篆刻

印章業連盟の理事会

 土曜日はお昼過ぎまで大雨が降った。2時ごろ新幹線で広島に着いた。

不思議なことに、雨が上がり駅には大勢の人がいた。そう野球のオールスター

の第二戦がある。夜には広島の花火大会がある日だ。少し早めについたので

駅前のエール・エール館の書籍売り場に足を運ぶ。書道・篆刻本売り場に行く。

今月3度訪れる棚には目新しい専門書は見当たらない。駅周辺を散策し

タクシーで比治山の麓にある会場に着く。理事会・宴会が終わり外に出てみると

雨が降っていない。朝の豪雨がうそのよう。9時過ぎからもうこれ以上雨を

とめられないように降り出した。野球も花火も無事終わったらしくほっとする。

中止だったら大変だったろうなと人事ながら胸をなでる。001.gif

by art-hans | 2009-07-27 12:04 | 会議

印章業連盟の理事会

 午後より印鑑組合の理事会のため広島に行く。9月27日(日曜日)に行われる

印章供養祭


の打ち合わせ。今月の初めに大きな大会が終わったばかりなのに、何かと

用事があります。小雨になってくれればいいのに。

9月末までに高野耕石堂に不要になった印鑑があれば広島の国前寺というお寺

で供養しますので、お持ちいただければ供養しに行きます。勿論無料です。
by art-hans | 2009-07-25 10:20 | 会議
 タイラコウからの案内状。彼の『アトリエ キューブ』で  高田裕之 陶展が

開催されますのでお知らせいたします
a0072623_15324418.jpg
a0072623_15331668.jpg

by art-hans | 2009-07-24 15:27 | 個展
 「日本には無い印鑑を作りたい」。台湾でようやく見つけた店には、日本で買うと

高そうな象牙や大理石。そして見たことも無い字体の見本。「ここだ」。奮発して

高い大理石を選び、名前をしたためる。出来上がりは二週間後という。日本へ郵

送をお願いし、台湾を後にしした。送られてきた印鑑はそれは美しく、一人でにん

まり。だが押してみて、唖然。鏡文字なのだ。何度押しても勿論変わらぬ。

本当に日本に無い印鑑になってしまった。
by art-hans | 2009-07-24 10:23 | 名前の玉手箱
 篆刻の機関紙の編集委員会の集まりがあった。6時から8時まで専門的な話

で難しい。その後軽くいっぱい、久しぶりに夜の街に出た。木曜日だけど多少の

人が出ていた。早く景気がよくなって夜の街の賑わいが戻ってくることを願う。
by art-hans | 2009-07-23 22:45 | 篆刻

皆既日食を観る

 昨日の昼前は何事があるのかと思えるほど歩道に人が出ていました。そう日

食を観るため。何かイベントがある時だけでも商店主がいっせいに表に出るだけ

で賑わいが増すのになと思いました。
by art-hans | 2009-07-23 13:16 | ひとり言
 妻の名は、初恋の人と同じである。当然だが、そのことを妻は知らない。ところ

が、銀婚式を迎えた今年妻は

笑いながら、私の名前は妻の初恋の人と同じだと打ち明けた。「ばかやろう、俺

だって」と言うべきかどうか、

これからの厳しい老後の事を思うと、私は悩んでいる。
by art-hans | 2009-07-22 11:16 | 名前の玉手箱