四代目・印鑑・はんこ彫り職人


by art-hans

<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

季刊誌

 次回篆刻季刊誌奏刀に載せる「日本の篆刻史」というコーナーの原稿を書いた。

あちこちの寄せ合わせでやっと完成。
by art-hans | 2009-09-30 23:00 | 篆刻
 子供の頃、ハンコを押す時、両親が、いつも息を吹きかけていた。

私もそのように育った。卒業後、会社の面接の時「ここに印を押しなさい」

と朱肉を出された。

私は、たっぷりと朱肉のついたハンコに”ハアハア”息を吹きかけ

書面に力一杯押印した。「何々気骨のある人だ」後日採用通知がきた。
by art-hans | 2009-09-29 17:54 | 名前の玉手箱

 印章供養祭

 昨日は印章供養祭が広島の国前寺で午前10時より在るので出かける。

 毎年一度10月1日の印章の日前後に近い

日曜日に行われ年々盛大になり一般のお客さんもたくさん参ってこられるように

なってきた。 式典は1時間。その後お寺の裏山に祭ってある印章塚にお客さんから

預かった印鑑を収めた。

先着20名のお客様には一文字落款印を彫刻してプレゼント。

この行事は広島県印章業組合の主催で今年で24回目に当たる。
by art-hans | 2009-09-28 09:58 | 印鑑

シルバーウイーク 2

 連休2日目の23日は朝から土佐くろしお鉄道『ごめんなはり線』に乗って

最終駅の奈半利で降りる。この電車がおもしろい。20全駅に漫画家の

やなせたかしの書いたイラストがプラットに描かれてあり子供たちを

喜ばせている。

僕たちは奈半利駅で降り『モネの庭』に行く。ここで昼食を済ませ散策をして

高知を後にする。楽しい小旅行でした。
a0072623_1041208.jpg
a0072623_10445569.jpg

by art-hans | 2009-09-26 10:27 | ひとり言

結婚式

 明日は甥っ子の結婚式。 ついこの間まで僕にまとわり付いていたのに、27歳でもう家庭を

持つ年齢になるのだ。光陰矢のごとしとは、まさにこのことだ。

末永くの幸せを祈る。018.gif
by art-hans | 2009-09-25 18:49 | ひとり言

シルバーウィーク

4連休に、おっ家内と四国の高知に一泊の旅行に行ってきましたした。本来なら

温泉旅館に、ゆっくりしてきたかったのですが、一週間ほど前に思いついたので

空きがどこも在りません。考えた挙句ビジネスホテルに宿泊して、食事は自分の 

好きなものだけ注文して、温泉は近場を探しての,ある意味贅沢な旅を計画しました。

22日午前9時40分発新幹線→岡山→(特急南風)高知に12時30分に到着。

駅近くのビジネスホテルへ荷物のみ預け、徒歩で商店街をあるき『ひろめ市場』で昼食。

商店街の一番終わりの位置にあるから、効果的。一杯の人出。魚介類や味噌汁を

腹いっぱい食べても二人で2000円そこそこ。味もうまい。 商店街を散策しながら

4時ごろホテルにチェックイン。 2時間ほど昼寝をして、6時頃からあらかじめ調べていた

魚介類専門のおみせに行く。 『満潮』というお店で効いたことも無い太平洋で取れた貝

を食べた。美味しかった!!
by art-hans | 2009-09-24 10:39 | 個展

連休前

 ラジオを効きながらカープの試合に一喜一憂し仕事に励んでいました。

おかげで4:3でカープの勝ち。クライマックス・シリーズに出れるぞ。

明日から4連休、家内と高知に行く予定です。それにしても風邪気味の

体調が気になります。
058.gif
by art-hans | 2009-09-19 18:12 | フレーフレー、カープ

篆刻の勉強会

今夜は篆刻のお勉強会だ。11月の作品展に向けて刻字を彫っている。

桂の板30㎝×90cmの大きさに鑿と彫刻等で刻している。彫り終えると

柿渋と漆と金箔で仕上げる。待ち遠しい。
by art-hans | 2009-09-18 17:41 | 篆刻
 忘れられない名前です。私の高校生の同級生に 井(いい) 紀美(きみ)

さんという人がいました。紀美さんのお母さんは い(いい) 増代(ますよ)

さん、おばあさんは、井(いい) 玉江(たまえ)さんです。

ホントーと叫んだのを思い出します。024.gif
by art-hans | 2009-09-16 10:05 | 名前の玉手箱

お墓参り

 昨日は家内と二人でお墓参りに行きました。3年ほど前お寺の境内に

20ほどお墓が建っていたのを先祖墓として一箇所にまとめたが、4代前の夫婦墓

5つの墓石があり、墓前に供えるささきも結構数がいります。福山藩主、

初代阿部正邦に就いて宇都宮から福山に来たそうで、一番古いお墓の供養祭350年

を父の法事時に一緒にした憶があります。高野家のルーツを訪ねて宇都宮に

いってみたいものです。福山に移る前の、お寺が成高寺と言って先祖の

お墓が眠っているらしいです。
by art-hans | 2009-09-14 10:32 | ひとり言